So-net無料ブログ作成
検索選択
ハサミの話 ブログトップ
前の10件 | -

新商品セニング DSA2/DSM2 をレザー的に使う! [ハサミの話]

こんにちは!


今日は初夏らしい、いいお天気でした[晴れ][晴れ][晴れ]


さて、今日は出たばかりの新商品 DSA2/DSM2 のレザー的な使い方を動画で撮ってみたのでご紹介します。




(facebookの方でもUPしています。



普通、セニングでこんな使い方できませんヨ

カットシザーでも普通できません。(が、うちのリアルドライならできちゃいますけど[わーい(嬉しい顔)]


あっという間に 長さを切りながらぼかせてます!




IMG_3837.JPG


DSA2(ハンドルがオフセットタイプ)

DSM2(ハンドルがメガネタイプ)


はクシ刃に溝のない「フラットタイプのセニング」です。


IMG_3838.JPG


セニングには「溝あり」「溝なし」とタイプがあり、現在どんな形状をしていてもこの2つに大別できます。


フラットタイプ(溝なし)のものは、開閉しながら使うことができるため、その使われ方の振り幅が広いです。

(セニングの基本的な使い方は、ポン ポン ポン と一回一回閉じます)



また、今回あたらしくでたDSA2/DSM2 は、レザー的なカットをすることができるのです!


このあたり、どうしても口頭だけでは説明できません。。。


そこで動画を撮ってみました!!


雰囲気だけでもお伝えできましたでしょうか・・・?



残念なのは、頭皮への振動を確認するために この引き出した髪の毛を挟んでいるのですが、その「振動」を伝えられないことです〜っ!!!



百聞は一見にしかず の続きと同じですが、

やはり一度見てもらい、またその後は使ってみてほしいです。

そして最後は使うことでお客様にも、お客様のお客様にも喜んでもらいたいです!


髪を引っ張る

切れ味が重い


セニングはそんな不満が多いのですが、そんなもんだと思っていらっしゃる方も多いんです。



柳生のセニングは、切れ味が柔らかい 軽い 抜けがいい ラインがつきにくい が自慢なので、

安心して選んでください[手(グー)]



あ、フラットタイプはメンテナンス大事ですよ!

クシ刃にはもちろんたくさん職人技を盛り込んでいますし、そのほかにも企業秘密の小技はいっぱい入れています。


他社さんで研磨をすると、そこらへんが全部吹っ飛んでしまいますので、[あせあせ(飛び散る汗)]

研磨・再調整の際は、ぜひぜひ広島(本社)の母艦へっ


それでは今日はこの辺で。








nice!(0) 
共通テーマ:仕事

シザーセニングNSH14Mの使われ方 [ハサミの話]

こんにちは!

今日はこのところ、とても人気のあるNSH14Mの「使われ方」をご紹介します。
IMG_2143.JPG

とあるサロン様で、撮らせていただいたものから作りました!



その1
IMG_0487.GIF
クシ刃全体を使って毛量をカンタンに調節できます。
流れるように開閉できます。


その2
IMG_0491.GIF

その3
IMG_0489.GIF

その4
IMG_0493.GIF

先の部分の使って、ポイントで入れることで間引く時も自然に仕上がります。

シザーを使うより気を使わないでいいのもセニングのいいとこですよね。

その5
IMG_0490.GIF


その6
IMG_0492.GIF

もちろん刈り上げに使えばスピードアップできますし、
なんといっても仕上がりもナチュラルです!

その7
IMG_0494.GIF

細かいカットも、ハサミのように使いながら、ハサミよりやわらかく仕上がります。

まだ試し切りの段階で、すでにこれだけの多彩な使用方法を見せていただいたのですっ

こんな感じで、とても幅広く使えるアイテム NSH14Mです!

ぜひよろしくお願いします[わーい(嬉しい顔)][るんるん]

左利き用でのご用意もありますよ☆


今回試し切りをしていただいたお客様、この後ブルーバージョンでご注文頂きました。
ぜひ次回でご紹介させていただきたいと思います!!

それでは今日はこの辺で。


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

ハサミの”返り刃”をお見せします! [ハサミの話]

こんにちは!

今日は、ハサミにつきものである、”返り刃”をお見せします!!


IMG_3258.PNG

わかりますか?
矢印が示したところに白く写っているもの、これが”返り刃(かえりば)”です。

新品や、研磨したての鋭い刃は、刃と刃をこする合わせること(=すなわち「開閉」)で、刃の先端が反対側にめくれます。
これを”返り刃”と呼んでいます。

これが出ていると
「切れ味が固い」
「切れ味が重い」
「切れない」
というような不具合を感じることになります。

刃が丸いと返り刃は出にくくなりますので、この現象はむしろ新品に起こりやすい症状です。

最初は少ない量から切って刃を慣らしながら 使うたびにセーム革などでお手入れをすることでひどい「返り」は防げます。

ちなみに、↑このくらいの返り刃になると、セーム革で拭いてもなかなか取れないのです。
そこで、バフや革砥、研磨紙といった道具で取ります。

実際に、バフでちょっと返りを飛ばしてやるだけで、きれいに取れました!

IMG_3257.PNG

かたくなった切れ味も、柔らかい切れ味に戻りましたよ☆

セーム革でのお手入れは、髪の毛や汚れを取るためというより、この刃の先端を整える作業です。
この「返り刃」は、なかなかその存在が知られにくく、気づかれないことも多いので、写真におさめてみました!

慣らしがうまく行けば、すぐに安定して使える状態になりますし、たとえこんな返り刃がでてすぐにもとに戻せます。

心配されることはまったくないのですけどね。[わーい(嬉しい顔)]


それでは今日はこのへんで。






nice!(0) 
共通テーマ:仕事

ハンドルの話<オフセットとメガネ> [ハサミの話]

こんにちは!

今日は、ハンドルのお話です。

IMG_4284.JPG

ハンドルは大まかに3種類あります。

1、オフセットタイプ

拇指(親指)を入れる穴と、環指(薬指)を入れる穴が段違いにずれているもの。

IMG_4295.JPG

一番スタンダードな形です。

 

2、メガネタイプ

指穴が左右対称の長さのもの。

IMG_4297.JPG

これもある意味スタンダードタイプです。

 

3、ヘネシータイプ

指穴が段違いのオフセットタイプで、柄が長めで下に下がっているもの。

IMG_4296.JPG

教材用で使われることはないのですが、持ちやすくて、テコの原理によりとても切りやすい形です。

ひじも自然と下せるので、構えたときも楽ですよ。

 

あと、オフセットタイプにコブがついたものもがオフセットのバリエーションであります。

IMG_4298.JPG

コブの位置に指をかけやすいので、こちらも持ちやすい形と言われます。

番外編ですが、拇指が下がっているものは「3D」と呼ばれて、これも握りやすい形状に入ります。

IMG_4299.JPG

 

で、このヘネシータイプなんですが、オフセットだけでなく、メガネバージョンのヘネシータイプもあるのです。

IMG_4282.JPG

現在ある型番でいうなら、下記の2シリーズです。

1、GHS925シリーズ

GHS925M(ヘネシータイプのオフセットバージョン)

GHS925MM(ヘネシータイプのメガネバージョン)

 

2、GHS280シリーズ

GHS280M(ヘネシータイプのオフセットバージョン)

GHS280MM(ヘネシータイプのメガネバージョン)

 

IMG_4283.JPG

重ねてみるとわかるのですが、オフセットとメガネの違いは、この指穴の位置です。

下がオフセットタイプ、上がメガネタイプなんですが、

メガネの方が拇指(親指)の穴の位置が遠いんです。

親指の方がより内側にあるので、オフセットの形の方が自然に近いので楽なんですね。

ただ、ハサミの持ち方はいろいろなので、メガネタイプは左右対称な分、応用範囲が広いともいえます。

メガネタイプは、オフセットに比べて親指を動かす範囲が大きくなって、自然とひじが上がり、新人さんが開閉や構えの練習をするにも一役買います。

サロン様で新人さんがメガネを指定されるのはこの為というわけです。

 

ずっとメガネをお使いだったかたも、このヘネシータイプのメガネタイプはチャレンジしやすいと思います!

 

腱鞘炎の方にも、このヘネシータイプはとても人気があります。

楽に切れて、ハサミ自体軽く感じるのです。

 

ぜひお試しくださいね~!

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

 

 

 


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

刈り上げの色気 [ハサミの話]

こんにちは!

IMG_2355.PNG

今朝用があって原宿竹下通りにあるダイソーに行ったんですが、クリスマス用品が山積みになってましたね!

もう12月になるんだーっと実感しました。

私にはうっすら見えますよ。師(匠)が走っている様子が、、、、つまり、、時間があっという間!

 


先日の雪の日、どうでしたか?

思ったほどではなかったのですが、うちは社員さんの安全のため直行になってまして、それでも出社した人とのんびり会話してました。

 

そこで、

「刈り上げって、色気がある」

という女子話になりました。(←年齢は明かしませんが、「女子」です!)

IMG_2354.JPG

ハサミでこうして仕上げる刈り上げって、もちろん技術もハサミの良しあしもあるんですが、、

バリカンではできない、なんとも言えない色気があるーっと。。

分かりますでしょうか?

ハサミ女子、わかりますよね!!

(この画像、動画でもご提供いただいているのですが、どうもブログで紹介するにはYouTubeが必要なようです。

そのうちチャンネルでも作りたいと思います。。。)

 

これ、刈り上げ用シザーになりますね。

やっぱり刈り上げ用なら6.5~7インチがあるといいです。

 

こちらはXK65を使ってもらっているときのですので、第二の指かけがついてます。

これがあると安定して持てますので、刃先に集中しやすくなりますよ。

 

あと、どうしても刃先の力も鋭さも必要なので、刃も薄い剣刃がいいですねえ。

 

美容様だと、甘目の刃付けを望まれたりするんですが、刈り上げはやっぱりしっかり切れるものを追及されます。

そこはうち、社長(←元理容師)が並々ならぬ情熱を注いで開発研究してます。

安心してくださいっ[手(グー)]

 

それでは今日はこの辺で!

 


nice!(1) 
共通テーマ:仕事

リアルドライ ドライ専用ミニシザーXRD53! [ハサミの話]

こんにちはーっ

今日はXRD53 ドライ専用のミニシザーをクローズアップしてご紹介します!

001.jpg

上がリアルドライ5.3インチ
下がリアルドライ6インチです。

 

■ XRD「リアルドライ」とは?

まず、XRD、通称「リアルドライ」は当社の特許技術がダブルで入ったドライの為のドライ専用シザーです。

「専用」というと、ウェットで使えないか、と思われそうですが、そんなことはありませんよ。
”ドライカットの時にその効果を最大限に発揮する”ということです。

ここでいう「ドライカット」というのは、
「スライドカット」
「ストロークカット」
「チョップカット」
「エフェクトカット」
といった、ハサミを動かしながら切る手法のことをいいます。

髪が濡れているのか乾いているか ということではないんですね。

今回はリアルドライの特徴ではなく、その長さに焦点を当ててみました!

 リアルドライは6インチと、5.3インチがありますが、どう違うのでしょう?

002.jpg

↑ハンドルの長さは同じですね。

となると、違うのは刃の長さです。

003.jpg

6インチのものが刃渡り約6.5センチ
5.3インチのものが約5センチ

結構違いますね。[目][目][目]

ロングヘアで長めにスライドしたいときなんかに、この6インチの長さが使えるのです!

スライドカットメインの場合は、この長さを生かした6インチはいいですね♪

 

■ ミニは刃先まで安定して使いやすい。

メガネタイプは親指の位置が親指の付け根より遠くにあるため、オフセットタイプより大きく開閉することになります。
(そのために、新人さんの練習用としてメガネタイプを指定するサロン様もありますね)

メガネタイプはどうしてもハンドリングが不安定になりやすいのですが、これをミニシザーにすることで、メガネでも刃先まで安定して扱いやすくなっています。

6インチともなると、そうして刃先までしっかり安定させるのは大変なのですが、ミニだと刃自体が短いので、普通に持つだけで刃先が安定します。

 ミニシザーになると、普段オフセット(指穴が段違い)タイプをお使いの方でも、比較的違和感なく使えるのです。

 
このあたりは実際に持っていただければ一発でわかると思います!

 

■ 細かいデザインづくりに最適。

 リアルドライはその刃の大部分を殺していますので、
ショートの短い髪で束感を出すときもいいですよっ
髪の根元にグッとハサミを入れても、髪を余計に傷つけることがありません。

単純に刃を丸めているわけではないので、刃先はちゃんと切れます。
刃先を使って長さを切りそろえることが可能です。

デザインを作り込むのに最適です。


というわけで、ミニシザーになることで、とりまわしがすごくいいんです☆
刃先まで力配分しやすいので、開閉のコントロールも効きやすい。

 

ちなみに、同じドライ用シザーGHS280Mも一緒に比べてみました。

004.jpg

GHS280Mはやく5.5インチ用の刃なので、XRD53よりちょい長いです。

 

■ ドライ用笹刃のくせに細身。

リアルドライシリーズと280シリーズは同じ笹刃になるのですが、リアルドライのが細身です。

005.jpg

普通はドライ用として刃をラウンドさせるので、太目になりやすいのがドライ用シザーなんですが、

リアルドライは刃付け自体に特殊な刃付けを施したので、細身にできました。

 

この細さ、すごくポイントです!

これでますます細かい作業がしやすくなりますよ。

耳まわり、襟足、持ちかえずに切りそろえられますし、あくまでドライ用として仕上げているので、切れ味切られ味が柔らかい。

大体DLC(黒)のオプションが標準装備なので、開閉も超なめらかです!

 

今回はリアルドライ5.3についてでした!

ぜひご検討ください!

それでは今日はこの辺で。。。

 

 


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

セーム革 [ハサミの話]

こんにちは!

今日ご紹介する画像はコレです。↓
IMG_2074.JPG
あちこち切れたセーム革。
ハサミのお手入用のクロス?です。
(あ、これはうちの新人さんの練習用でした。)


新品はこれです。
IMG_2077.JPG

セームは刃先にできる金属カス「=返り刃」を取っているので、使ううちに黒ずみます。
IMG_2075.JPG
*赤色のシミは「血」ではなくて「赤インク」っす。。。


このセームがこんなに切れてしまうということは、セームの使い方が間違っている証拠なんですね。

言葉では説明がなかなか難しく、また手取り足取り(←足は使いませんが。。)でやってもこんなもんです。

セームの使い方をわかりやすく伝えられる方法を考えねばと、気持ちを新たにするために写真撮りました![手(グー)]



ついでなので、セームのアップも撮ってみましたよ。[目]

新品
IMG_2078.JPG


使いかけ
IMG_2079.JPG

黒ずみがいわゆる「金属カス」ですね。

 

セーム革って、鹿皮をなめして繊維化したものとのことで、これを使うと傷をつけずに油分とかも拭き取れるんですよー。

貴金属のお手入れやカメラレンズでも使われますよね。

セームで「返り刃」を取って刃先を整えるのも必要ですが、ハサミ全体も一日の終わりにはきっちり拭くことでさび防止にもなりますので、ぜひいつもそばにおいて使ってくださいね!

洗って再利用できるそうなのですが、試したことないんですよね。

今度それもチャレンジしますね!

 ではでは今日はこの辺で。
 
 


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

ハサミの持ち方構え方 [ハサミの話]

こんにちはーっ[わーい(嬉しい顔)]

今日はハサミ屋さんの仕事の一つ?ハサミの持ち方指導編です。

ちょうど社内で練習があったので、その様子を写真を撮りました。[映画]

 ハサミ屋さん、ハサミを売ることだけが仕事じゃないですよー。[目]
ユーザー様のアフターももちろんなんですが、アシスタントさんにはハサミの持ち方から教えることがあります。

ハサミ屋は、正しく持って開閉することで、目に見えない刃の状態を脳内でイメージしてるのです。
「正しい持ち方」は、重要かつ必須項目ですね!


ぶっちゃけると、最初からすんなり持てる人もたくさんいるんですが、
持てない人は本当に持てない。

手の大きさ、指の長さ、太さ、どれも本当に様々ですし、
始めからすんなり持ててしまうと、逆に教え方がわからないから困ったもんです。
私が典型的なそのパターンです。

おかしいのはわかっても、どう直せばいいのか、力の入れ具合をどう伝えたらいいのかわからないんですよー。[ふらふら]

といっても、「はさみの持ち方」を覚えて、お客様にお伝えするのも柳生の仕事の一つです。
新人さん向けにがっつり指導タイムをとりました!

IMG_1966.JPG

IMG_1969.JPG

IMG_1968.JPG

IMG_1967.JPG

IMG_1970.JPG

これだけで、1時間はすぐ経っちゃいます。

が、誰でも、どんな手でも絶対うまくなりますよっ!!!

 

いったん覚えたら、あとはひたすら反復練習です。

手が、身体が覚えないと元に戻ってしまいますからね。。

 

ではでは、今日はこの辺で。

 


 

 

 

 


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

刃先の太さ [ハサミの話]

こんにちは[わーい(嬉しい顔)]

紹介したいオプション事例の写真がたくさんたまっているのですが、目先の用事に追われて聞き取り取材ができておらず、今回はハサミについてのお話です!


カットシザーを選ぶ際に、全長や刃渡りの長さ、ハンドルの形状なんかは当然確認する項目になりますよね。
そこで、意外と見落とすことがあるのが「刃先の太さ」です。

image.jpeg

今回はドライ用シザーを使ってご紹介します。


ドライ用としてうちが提案しているのが下記のシザーです。
image.png


画像 向かって左:GHS280シリーズ

画像 向かって右:XRD(リアルドライ)シリーズ



どちらも「笹刃」という、刃線が大きくラウンドした「ドライ用シザー」です。

刃の上で髪の毛を滑らせながらカットするので、髪の毛が逃げやすい形状になっています。

よくみると、XRDよりGHS280シリーズの方がよりラウンドした刃線をしています。

image.jpeg


このR(アール:カーブ)をつけることで髪の毛を逃がすので、強い曲線を描くGHS280の方がより髪を逃がすのかというと、

そういうわけではありません。[目]


というのもXRDシリーズは特殊な刃付けを施しており、R(アール)が強くなくてもいいようになっているのです。

というわけでカーブの強さだけでは滑る度合が図れませんので、十分に試し切りをしたほうがいいですよね。



さて、ここで宣伝です[グッド(上向き矢印)]

以上のことから、ドライ用といわれる「笹刃」タイプのシザーは、Rを強めにするために、刃の幅が太くなるものです。
そうすると、シザーを取回す際にこの「太さ」が邪魔に感じる場合もあるかもしれません。

その点、リアルドライは、、細いんです!!!!

刃付け自体が特殊なので、「逃がす」という目的を刃の形状(カーブ)だけに頼っていないということなんです。[手(グー)]

ドライ用シザーでこの細さはまずないですよ!

刃先はそれなりに切れるので、ちょっと飛び出た毛を切るのに、ハサミを持ちかえる必要がありません。

耳まわりといった細かい部分でも使えるドライ用シザーって、ありそうで、、ないんですよね~

image.png

うちのGHS280シリーズは、XRDと比べて太目ですが、それでも一般的な他社さんの笹刃と比べると細目の部類に入るかと思います。


刃先を主に使う、といった方も少なくないので、ぜひ刃先の太さも注意してみてくださいね。





刃先の太さというと、研磨をしていくと削るので細くなります。
ドライ用は研磨の間隔も大きく開くのでそうでもないのですが、メインで使うようなカットシザーは、気が付くと「つまようじ」レベルになっているものがあります。
IMG_1444.JPG


そうすると刃先に力が入らないので、折れ込みやすくなりますよね。

セニングでいうと、棒刃部分がそうなりがちですが、セニングと違ってカット用シザーであれば、少し先を詰めることで対応することもあります。

詳しくは担当と相談していただければと思います。

 

image.jpeg

こちらは画像向かって左から

GHS→GHSY→GHS925 です。

こういう通常のカットシザーの場合は、全長によって刃先の細さも変わってきたりします。

これらはドライカット用と比べて、刃の太さがあまり気にならない(使い方の)ことが多いので、今回はドライ用に絞ってみました。

参考になれば幸いです!

 

それでは今日はこの辺で。


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

新商品GH-Air Rのご紹介 ~その1~ [ハサミの話]

久しぶりの雨で少し暑さが和らいだのでしょうか。

比較的過ごしやすく感じる今日この頃です。こんにちは!

 

今日は新商品グランド覇王Air(エアー)Rシリーズのご紹介です。

image.jpeg

グランド覇王シリーズのゲキ軽ラインです!

Rとついたものはコブ付きです。

若干親指側が下がってます。

下切りするのに向いていますね。

握りやすい形を追求しました。

image.jpeg

GH-AirRシリーズは6インチから発売開始しました。

そしてこの度少し短い5.5インチ(GH-Air55R)を新しく作りました~!

image.jpeg

とっても軽いうえに刃も短いので、より刃先までしっかりコントロールできると思います。

細かい作業に最適ですよっ

image.jpeg

指穴に波型でデザインを施しました。

image.jpeg

丁度 指を入れたときに目にする部分ですので、指輪をしているような感じです。

店舗内は照明がたくさんあることが多く、反射して 控えめながらも存在感があります![ぴかぴか(新しい)]

エンブレム部分はほかのグランド覇王と同様に自分好みにカスタマイズ可能です。

もちろんDLC(SiDLC)もOK!!

 

やっぱり 軽いは正義ですよーっ[グッド(上向き矢印)]

持っていることをわすれるような軽さです

(わすれちゃ困りますが。。。[わーい(嬉しい顔)]

これ一本ですべてをこなすのは難しいですが、パワーが必要なときはそれ用のハサミを使って、

細かい作業でAirシリーズを使う といった使い分けがおすすめです!

 

 こればっかりはぜひ持って実感していただきたいです。

サンプルをお持ちしますので、ぜひお試しください!

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

 


nice!(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - ハサミの話 ブログトップ